楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク



 毎朝、朝食後、散歩をしています。マンションの敷地内に公園のような施設があって、そこをグルグルと歩いています。犬なども朝散歩していますが、先日はウサギが散歩しているところに遭遇しました!
 人に慣れたウサギ。近くに寄っても、人間など気にしないと鷹揚なようすです。
 今朝、見つけたのはオオミズアオ。美しいグリーンのお姿、。思わず見とれました。しかし、こんな都会で見つけるなんて。どなたかが育てているのでしょうか。

 毎日発見のある、朝散歩楽しんでいます。





2020/06/04 (木) 11:49 | お散歩 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
 2年目に「天平の楽園・東大寺」という写真集を、東大寺境内の本坊で写真展を開催した時に作っています。その時に、憧れだった東大寺の写真集を制作する許可を頂戴して感激いたしました。
 もちろん、その写真集には満足していますが、東大寺に魅力をさらに深く、大きく伝えたいと思うようになりました。それで、小学館の編集の方に相談いたしました。
 「大型本」で出版したいと。その答えが「SUMOブックで」ということでした。最初は耳を疑いました。もちろん大型本で、とは言いましたが、まさかSUMOブックになるとは。
 ホックニーが好きなので、もちろん彼のSUMOブックやニュートンの写真集などは見ていました。あまりにも大きいので「相撲」力士の大きさをイメージした愛称なのです。
 銀座の蔦屋書店の美術コーナーに数種類のSUMOブックが置かれています。その仲間に自分の写真集が入るなんて!ましてや東大寺の写真集です。恐れ多いほど、ありがたいことです。

 現在発売中の「和楽」には、こんなポスターが入っています。

 そのSUMOブックこんな大きさです。見開きで横1m!大迫力に自分でも圧倒されます。36万円(税別)という価格にも圧倒されますが、ホックニーよりは安いです!





2020/05/08 (金) 09:10 | 写真集 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
 雑誌「和楽」の最新号に、僕が撮影した東大寺の写真が掲載しています。この時期にあたらめて祈りの場として、大切な場所と認識されている東大寺。

 その東大寺をこの数年ずっと撮影させていただいております。そのために奈良に住居を借り、いつでも撮影にうかがえるようにしています。
 その成果を見ていただける機会が、新しく出来ました。5月25日に発売する新しい東大寺の写真集です。アート本好きの方にお「SUMO」BOOKと呼ばれる超大型本です。見開くと1mの幅があります。縦69cm。300P以上の大きさボリュームです。
 価格は36万円(税別)。東大寺ファンの方には永久保存版的な内容になっていると思います。





2020/05/07 (木) 07:31 | 写真集 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
| 1/196PAGES | >>