楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク



新しいレンズをテストしてみました。
このレンズ気に入りました。

70ー400mmGF4-5.6G SSM鵺。


僕が気にしたのは。逆光での性能。
新300ミリと500ミリは、
ナノARコーティングによってクリアに写るので、
このレンズも良くなったハズと期待してました。

結果は良好。
全く違う、というほどではなかったですが、
「確かに違うぞ!」と嬉しくなりました。
わずかな違いが、
作品には大きく反映されるんです。

▲α99 新型 70-400mm F4-5.6 G2 SS:1/1500 F:8 ISO:100
シャドウ部がしまっているよう

▲α99 旧型 70-400mm F4-5.6 G SS:1/1500 F:8 ISO:100
フレアが出ない状況だとあまり違いは見受けられない

▲α99 新型 70-400mm F4-5.6 G2 SS:1/250 F:8 ISO:100

▲α99 旧型 70-400mm F4-5.6 G SS:1/250 F:8 ISO:100

フレアが出る状況だと違いがはっきりと出ます。
新しいレンズはフレアが軽減されています。

逆光の風景でもコントラストがしっかりと出そうです。
「ダイヤモンド富士」や「湖面キラキラ」がぼけないで、
ハッキリと写るということ。

オートフォーカスの速さは飛ぶ鳥を撮る時などに期待できそう。

▲ロゴの位置が手前に来てハッキリ見えて美しい。
 色はシルバーから白へ変わった。






2013/03/07 (木) 10:07 | 機材 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント