楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク




僕は、料理を作るのが大好き。


おいしい料理は写真と一緒。


今日のはうまくできたかな。みんな喜んでくれるかな。


おいしい料理は人の心を幸せにする。いい写真も人の心を幸せにする。


おいしい料理を食べていると、写真も上手くなるんです。


ホント。


花火大会の時に作った料理5品。



「焼豚楽園風」


これぞ楽園の味だ。


パイナップルが肉を柔らかくしてくれる。


タンパク質分解酵素が働くらしい。


器は、CONRAN+竹の皮。



① 豚肉2キロ(冷凍は△黒豚ならなおよろしい)肩ロースを繊維に沿ってカットし、塩大さじ2を手で摺り込む。



②ツケダレは 生パイナップル丸々一個(缶詰は不可、生マンゴーも可)をバーミックス(みじん切り)ローズマリー(少々)、ニンニク(2〜3カケ)、ショウガ(2カケ)紹興酒100ccを混ぜて一晩つけ込んでおく。




③ オーブンで焼く、まず200℃、20分。裏返して10分。

出来上がりをさましてカット。(さまさないと肉汁が出てしまう)


④ 残ったツケダレはフライパンで煮詰める。

火を止めてハチミツをたっぷり加えてできあがり。

量はパイナップルの酸味による。甘めが美味。

これを小皿に入れておいて各自でつけていただく。


※バラバラになってしまいました。タコ糸でグルグル巻きにしておけばよかった。









「松茸ごはん」


夏なのにもう?


カサの開いたほうが、香りが強くてマツタケご飯に向いているらしい。



水加減は、握るならちょっと柔らかめが良いかと。


みじん切りにしたマツタケをたっぷり入れて香りを楽しもう。








「枝豆山盛り」



だだ茶豆6袋(これがうまい!ちょっと高級だけど)


器は、CONRAN。



すり鉢でうぶ毛を取ります。


塩の味で大きく変わる!



ミネラルたっぷりの小笠原の塩をつかいました。


コツは、たぁーっぷりのお湯で茹でる。2〜3分。


ザルに広げて冷ます。


ゆで上がりに塩をパッパ。


硬めでも、茹でたあと余熱で柔らかくなる。


僕はちょっと硬めが好き。









「アゲナスムラサキ」



夏らしい一品。


器は、壷屋焼(沖縄)


揚げたナス(180℃で3分)を

たっぷりのつけ汁(麺つゆを麺のつけ汁ぐらいに薄めて)につけるだけ。


おろしショウガをちらして出来上がり。


油をちゃんと、きらなくてもつけ汁に出てしまう。


夏は冷やすと、とても美味。









「焼きネギマリネ」



楽園ランチの定番


器は、稲嶺盛吉(沖縄)


ジャスパー・ジョーンズのように盛りつけました。


フライパンでこんがり焼いたネギ。


中火でちゃんと焼き色がつくまでじっくり焼く。(10分くらい)


長ネギ6本にツケダレは


酢 50㏄ 

さとう(和三盆)大1 

塩 小1/2

粒胡椒 小1

今日はスダチもいれました。(2コ)



つけてさましてOK!


はーい、いただきまーす。











2010/08/16 (月) 18:12 | 食べもの | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント