楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク



 また、室生寺に戻ってきました。3月下旬にオープンする予定だった新しい「寶物殿」の撮影をいたしました。新型コロナの影響で残念ながら、現在はオープン時期が未定ですが、落ちついたらオープンになりますので、日程は室生寺さんのHPをご覧ください。
 さて、室生寺というと「写真家愛好家の聖地」と言われます。これは、もちろん巨匠・土門拳がその魅力を全国に広めたという功績があります。戦後間もない頃に撮影を始めたとは思えないほど、土門拳の作品には今も圧倒されます。
 それは、戦後自信をなくした日本人に、日本には素晴らしい歴史と文化があるとエールを送りたいという土門拳の力強いメッセージがありました。
 「女人高野」といわれた室生寺。写真愛好家にとっては、あの土門拳の世界に浸れるます。それに、この室生寺、実にフォトジェニックな場所なのです。
 有名な五重塔ですが、これ屋外にある国宝の五重塔の中で、一番小ぶりな五重塔です。カメラを構えると気持ち良く収まるのです。どこを切り取っても写真になる。気持ちいい場所なのです。
 僕は写真愛好家の「ディスニーランド」ではないかと思っています。何度来ても飽きない。まだ、来たことがないという方がいたら、ぜひ、カメラを持って来てください。必ず、満足しますよ。





2020/03/06 (金) 10:46 | 撮影 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント