楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク



 「サライ写真大賞」

なんと!大賞1名には客船クルーズ8泊9日が賞品です。

今年もサライ写真大賞の審査をさせて頂くことになりました。

よろしくお願い致します。

テーマは「絆」です。

自由写真部門、カレンダー部門、写真集部門、年賀状部門

に分かれています。

応募要項など詳しい情報はこちらをご覧ください。よくできたHPになっています。

技術的な上手さよりも、「自分もこんな写真を撮ってみたいな!」

と思わせるような作品を送ってくださいね。

写真を楽しむって、いいもんです。
  ▲2010年11月号「サライ」












2010/10/13 (水) 15:48 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
母が大喜び

▲2010年10月8日 徳島新聞に発表された県展の上位入賞作品と選評

そして、昨日の新聞にその県展の審査のことが鳴潮欄の記事になりました。

母が大喜びで電話をかけてきました。

こんな記事が載ると親孝行になるんですね。

のぞいてみてください。











2010/10/13 (水) 15:39 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
「 かんさい土曜ほっとタイム」


▲朝日新聞に載った記事を手に


千堂あきほさんらがキャスターのラジオ番組に生出演。

世界中で放送されました。

2010年10月9日、僕の出番は14時から15時。

近いうちに再放送もある。(日時未定)

1時間たっぷり楽しいおしゃべりで盛り上がりました。

南国の楽園

御所の話

写真の撮り方

写真の魅力などなど・・・。

去年の正月号、朝日新聞に3ページ大で掲載された御所の写真を

大切に保管してくださっていてびっくりしました。ありがとうございます。

千堂あきほさんはダイビングが大好きだそうで

「潜りに行けない時は三好さんの写真集で癒されています。」

と話してくださいました。

とってもうれしいです。

  
▲撮影はNEX-5

せっかく大阪に来たのでお昼の食事は焼肉。

新大阪駅ビルの焼肉店「焼肉の松屋

同行した助手も大喜び、大満足。

おすすめは、カルビ焼き。

タレにつけ込んだお肉がふわっと旨い。

そして、帰りの新幹線でも、もう一度食べた、

このお店のお弁当も最高でした。









2010/10/12 (火) 16:02 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
雑誌「Pen」にタヒチ掲載

7月にタヒチで撮ってきた写真がPenに載っています。

モーレア島の新しいリゾート「レジェンズ リゾートモーレア」や

ヘイバ祭りなど4ページに渡って掲載。

カメラはソニーNEX-5を使用。

この号は、写真の楽しみ方が満載。

写真好きにはおすすめの1冊です。


Pen 10月号
阪急コミュニケーションズ
定価600円




▲フォーシーズンズリゾートボラボラの水上バンガロー
海の色がキレイでしょ。








2010/09/22 (水) 10:56 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
 映画の舞台は、僕も撮った五島列島でした

長崎 五島列島 福江島 大瀬崎灯台
天使の階段がいくつも出ました
(2010年2月13日撮影)

撮影データ
カメラ:ソニーα550
レンズ:16-35mm F2.8 ZA SSM
シャッタースピード:1/250
絞り:F9
ISO感度:200
ホワイトバランス:7000K M4
焦点距離:17mm


映画『悪人』の舞台になっている灯台、

ついこの間行ったところでした。

映画を観ながら「僕ならあの灯台で撮るな」と思っていたら、

本当にその灯台が登場したのでビックリ!

僕にとっては「楽園への入口」とか

「極楽浄土へ」というイメージでしたが

この映画にもピッタリな場所です。


妻夫木聡、深津絵里、そして久石譲、

みんないい仕事してるなぁ。

ひとつの作品に打ち込む情熱っていいなぁ。

グイグイ物語に引き込まれました。

本当の悪人とは・・・




久石さんとは実は昔、僕の作品のために曲をつくってもらったことがあるんです。

また御一緒したいです。

RAKUENというCDです。チェックしてみてください。







2010/09/13 (月) 11:06 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
 「お月さま」


写真データ
カメラ:ソニーα−55
レンズ:70-400㎜SSM(130㎜で撮影)
シャッタースピード:1/5秒
絞り:F5.6
ISO感度:200

東京にも楽園はあるんだ。

昇り始めた月を偶然見つけた時なんかはアッ楽園だ!と思う。

都会ではビルと比べるから月が大きく見える。

望遠レンズで切り取ってみると特にそう見える。

ホラッ、楽園でしょう!

でもこんなに赤い月、東京で見るのは初めて。

キレイだな。

色も形も虫入り琥珀のよう

「大きな宇宙に抱かれるちっちゃな人間たちの営み」

カメラの液晶モニターが鮮明になったおかげで、

いろんなことを考えながら撮れるようになったよね。

感謝!

9月12日は中秋の名月。







2010/09/06 (月) 18:31 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs



先週末、楽園スタジオ 2 で「東京湾大華火祭を観る会」を催しました。


料理を作ったり、写真を撮ったり大忙しでしたが、楽しい一日でした。


花火を撮る


用意するもの


カメラは一眼レフ

三脚(必須)

レリーズ(リモコン)

黒い厚紙30㎝角

懐中電灯



撮影データ

ISO200なら絞りF16

 シャッターはB(バルブ)


この辺に上がるかな?というところにカメラを向け、

花火が開いたところでシャッターを切る。


花火が開き終わったら、黒い板でレンズを塞いで次の花火を待つ。


そのまま次の花火を待っていると、周りの景色が明るく写りすぎる。


ヒューッと上がってパンと開いたら再び露光する。


その繰り返し。





思ったところになかなか花火が入らないけど、何発か重ねるとよいかも。


撮るというよりは、写ってほしい!という気持ちかな。


どんな撮影よりも難しいのが花火かも。

偶然を狙うしかないのです。









2010/08/17 (火) 16:17 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs

映画がもうすぐ公開される「東京島」。
原作は桐野夏生さん。
この小説のカバー写真に僕の作品が使われています。

僕がタヒチ・モーレア島で波にもまれながら苦労して撮った写真です。

自分の作品がこんなふうに使われて光栄です。
楽しく思いました。

小説のイメージと組合わさって、よりドラマチックな一枚になりました。

木村多江さん主演で映画化。
映画は奄美諸島の徳之島でロケをしたようです。

映画のポスターの依頼なかったのは残念!
映画の撮影監督はウチのスタッフのサトウ君の師匠にあたる人でした。

この原作は太平洋戦争中に実際にあった話が元になっています。

船が難破して島にたどりつく、この話を読んで、
最近は船に乗る度に、こんなコトになるかも!
と考えたりしています。

1枚の写真から広がるイメージ、大きいな。



映画「東京島」







2010/08/13 (金) 13:02 | 雑談 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs



仏様は蓮の花の上にいらっしゃる。

そんなイメージで蓮を見てみるのも面白い。


色とりどりの蓮に囲まれて撮影していると修行を積んで空に浮かんでいるような、

そんな気持ちになってくるというものですね。




9月号「日経おとなのOFF」は釈迦入門。


80ページにわたって仏の秘密をわかりやすく解いています。


僕が撮った各地の釈迦如来像も6ページにわたって載っています。


表紙は土門拳さんが「日本一の美男子の仏」と絶賛している

室生寺の釈迦如来坐像。


もちろん僕が撮った写真です。


そういえばこの仏像様には先月、日本橋三井記念美術館でお会いしましたよ。


今はもう奈良にお帰りになってしまいましたが、やっぱりかっこよかったなあ。


また室生寺に行きたいな。


今年こそは雪の室生寺が撮れたらいいな。(ちょっと気が早いけど)






2010/08/12 (木) 13:06 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs


本日は助手の佐藤くんが誕生日です。
なな、なんとも特大のお肉が贈られました。

動物園の猛獣?いえ、しっかり人間の助手です。
生肉だと流石に食べれないので、ジワジワ時間をかけて調理しました。
もちろんシェフは三好和義です。

完成図はこんな感じになりました。
毎日食べていたら一ヶ月で病院行きですね。
(いつも贅沢?していません。年に一度ですw)







2010/07/21 (水) 13:20 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
<< | 2/3PAGES | >>