楽園写真家三好和義公式ブログ

楽園を追い求める写真家三好和義の公式ブログ。写真集や写真展の情報はもちろん、ロケ先でのこぼれ話や機材の使用感、写真のワンポイントアドバイスなども含めた豊富な情報をお届けします。
book review



book review



アマゾンへのリンク



▲宮古島 島尻 パーントゥの面。 1975年 三好和義撮影 (16歳の時)



NHK「日曜美術館」で沖縄の写真家、比嘉康雄さんがとりあげられた。

(12月19日 20時〜21時 再放送)

比嘉さんとは結局面識は無かったが、

いつも強く意識していた写真家だった。

1976年、僕が高校2年の時、作品が平凡社の「太陽賞」の最終審査に残り、

結局「太陽賞」に選ばれたのが比嘉さんだったのだ。

僕は次点だった。

アラーキーさんも太陽賞出身。

沖縄宮古島の同じ村で同じおばあを撮った写真もあったので、

かなりショックで、ヘコンだ。

(太陽賞は30枚の組み写真)

自信過剰だった僕は、発表された誌面を見て

「なんで?僕のほうがうまいのに・・・。」と納得がいかず、

徳島に講演に来た審査員の羽仁進さんを空港まで追っかけて行って問いつめた。

「もし君に賞をあげていたら、みんなに妬まれて、大変なことになっただろうね。」

というようなことを諭され、「そうだったんだ!」と納得したのだった。



比嘉さんはその後も沖縄の祭りをテーマに撮り続け、2000年に亡くなってしまった。

今は途絶えてしまった久高島のイザイホーなど貴重な記録写真を

作品としてたくさん遺した。



僕が16歳で沖縄を旅して撮ったその時の体験が今の楽園の原点になっている。

その時の僕の批評は伊奈信男によって書かれている。

『三好和義の「沖縄先島」は、よくまとまったルポタージュである。

しかし、十六歳の学生にしては、少し器用にまとまりすぎている。

あまりトーンや構図にこだわらないで、のびのび撮った方が大成するのではないか。』

他に審査には五木寛之、渡辺義雄、中島健蔵、羽仁進、石元泰博、篠山紀信。

当時、僕はドキュメンタリーなどの報道カメラマンを目指していたが、

三木淳先生や杵島隆先生との出会いもあり、大学に入ってからは広報、広告を専攻、

少し違った分野を目指した。

▲1976年7月号「太陽」

▲太陽賞に応募し返却されたプリントは今も大切に保管してある。
東京から取り寄せたイルフォードのマット印画紙に徹夜でプリントした。
このモノクロ作品は写真集「ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄」に収録されている。



比嘉泰雄写真展

沖縄県立博物館・美術館 11月2日〜1月10日

IZU PHOTO MUSEUM (静岡県長泉町)1月23日〜5月8日








2010/12/16 (木) 11:43 | 雑談 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
3日間だけの展示即売 1点 ¥10.000

世界の恵まれない子供達の幸せを応援!

僕も参加させて頂いています。

ぜひご来場を!

なんと、秋山庄太郎さんや僕の師、杵島隆先生の作品もあるヨ。

▼僕はタヒチの新作2点を出品。






2010/12/15 (水) 17:05 | 雑談 | comments(0) | posted by RAKUEN staffs
 正倉院撮影秘話


正倉院宝物を撮影。

なんという幸せ。

ファインダーの中に生きづく天平の輝き。

こんな仕事がしたかった!

小学生の頃からの夢がかなった。

▲手にはツアイスの双眼鏡をもって下見。興奮を抑えるのが大変。
気持ちが高まりすぎるとマズイ。心を研ぎすまして見て回る。
閉館後、学芸員立ち会いの中、夜中まで撮影させていただいた


今年の目玉は「螺鈿紫檀五絃琵琶」

世界に一つの宝物。

ライトの当たり方ひとつで輝き、色が変わる。

奈良に入る前、事務所で夜光貝にライトを当て何度もテスト撮影を繰り返した。

螺鈿を写真に写すのは超難しい。



リアルでインパクトがあったのは「道鏡の書」(正倉院古文書正集)

本人のサインの「鏡」の最後のはね方に、数々の伝説を納得させる人格が表れる。

マクロレンズを使い絞り込んでビシッとシャープに撮ったら、

筆の動きまでをも感じさせることに成功。

さらにズームアップすれば肉眼で見るよりはるかにその人の心を読むことが出来よう。

写真+ハイビジョンテレビのチカラ、表現力を実感。

僕が撮った写真をビデオに起こして番組の一部を構成している。

実は今回で3年目の撮影。


放送

正倉院特番「仏様と正倉院」

ABC(朝日放送)※関西圏のみ放送

2010年11月3日(水・祝)朝9:58〜(55分番組)



奈良正倉院展は〜11月11日まで

東京でも銀壷など正倉院宝物が展示される。

東京国立博物館・上野11月2日〜21日(日)

▲美術展で必帯なのが双眼鏡。
単眼鏡では脳に情報が半分しか届かない。
やっぱり明るい双眼鏡がいい。
立体では細かいディティール、
書や絵画では紙や布地の質感、筆の硬さや速さまで伝わってくる。
僕の愛用は、「ツアイス8×32TFL」
2m離れたところから20センチの対象物が目の前30センチのところにあるよう。
肉眼を遥かにこえてクリアーで生々しい。
これで得た印象をマクロレンズを取り付けたデジタルカメラで撮ってゆく。








2010/10/30 (土) 14:58 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
楽園の原点、それ以前。

▲修学旅行の小学生と40年前の自分を重ね合わせた。 2010年10月22日撮影
この日、三月堂に入った後、正倉院展にも入った。

小学校の修学旅行で魅せられて以来、

東大寺三月堂の荘厳な空間は、僕にとってあこがれの楽園だった。

中学に入ってからは一人で夜こっそりと家を抜け出し、船に揺られて奈良に通った。

大きな観音様を見上げている時が何よりも心が安らぐ。

今思えばあの時、つらい思いがあり救いを求めていたのだ。

そんな子供心はそのうち、「いつか寺や仏像の写真を撮りたい!」

「土門さんのような写真家になりたい!」

と思うようになった。

僕の写真家の原点はここにある。

そして、中二になって沖縄に蝶を採りに一人旅をした。

南島にめざめたのはそれからのこと。



▲1972年5月2日撮影。中一の僕が撮った東大寺(古いアルバムより)



▲1972年5月2日撮影。奈良を一人旅、中一の僕。
肩から8ミリカメラを下げている。(法隆寺にて)









2010/10/27 (水) 11:07 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
天平の神秘

正倉院宝物にふれられるのは

このうえない幸せ。

1300年前にヒューッとタイムスリップできる。

敦煌での思い出がよみがえる。

今年の公開は70件。

世界唯一の古代の五絃の琵琶、光明皇后ゆかりの品、

聖武天皇が身近に置かれた屏風、良弁や道鏡の書など・・・。

▲正倉院展目録 


五絃の琵琶の螺鈿は夜光貝を紫檀に貼付けたもの。

見る角度、光の当たり方で七色に変化する。

会場では美しい照明により見事な色が浮かび上がっている。

一点を凝視し、左右にずれながら見ると、色が変わる。


▲夜光貝とカメラの位置は固定したまま、ライトの位置だけを変えて撮影してみた。
夜光貝は宝石以上に撮るのが難しい。


僕が一番魅せられた品は、「銀壺」。

狩りのシーンが生き生きと描かれている。

胴径61.9センチの大きな壷。

アップで見れば見るほど引き込まれてゆく。

気が遠くなるほどの細かい細工。

魚々子鏨(ななこたがね)という技法。

肉眼では見えない細かさだ。



今年はケースのガラスが変わり、反射がなくなり

見やすくなった。すごくリアル。



本日発表され大ニュースになっている

「大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物」の記事にも驚いた。

話には聞いていたが、写真で見るとより現実味がわく。

北斗七星が刻まれているというのもロマンがある。

今回の正倉院展に出品されている石のスッポンにも北斗七星が刻まれている。

図録には北斗七星について、いろんな説が載っている。



東京東大寺展でも正倉院宝物展示





2010/10/26 (火) 14:32 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
 「サライ写真大賞」

なんと!大賞1名には客船クルーズ8泊9日が賞品です。

今年もサライ写真大賞の審査をさせて頂くことになりました。

よろしくお願い致します。

テーマは「絆」です。

自由写真部門、カレンダー部門、写真集部門、年賀状部門

に分かれています。

応募要項など詳しい情報はこちらをご覧ください。よくできたHPになっています。

技術的な上手さよりも、「自分もこんな写真を撮ってみたいな!」

と思わせるような作品を送ってくださいね。

写真を楽しむって、いいもんです。
  ▲2010年11月号「サライ」












2010/10/13 (水) 15:48 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
母が大喜び

▲2010年10月8日 徳島新聞に発表された県展の上位入賞作品と選評

そして、昨日の新聞にその県展の審査のことが鳴潮欄の記事になりました。

母が大喜びで電話をかけてきました。

こんな記事が載ると親孝行になるんですね。

のぞいてみてください。











2010/10/13 (水) 15:39 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
「 かんさい土曜ほっとタイム」


▲朝日新聞に載った記事を手に


千堂あきほさんらがキャスターのラジオ番組に生出演。

世界中で放送されました。

2010年10月9日、僕の出番は14時から15時。

近いうちに再放送もある。(日時未定)

1時間たっぷり楽しいおしゃべりで盛り上がりました。

南国の楽園

御所の話

写真の撮り方

写真の魅力などなど・・・。

去年の正月号、朝日新聞に3ページ大で掲載された御所の写真を

大切に保管してくださっていてびっくりしました。ありがとうございます。

千堂あきほさんはダイビングが大好きだそうで

「潜りに行けない時は三好さんの写真集で癒されています。」

と話してくださいました。

とってもうれしいです。

  
▲撮影はNEX-5

せっかく大阪に来たのでお昼の食事は焼肉。

新大阪駅ビルの焼肉店「焼肉の松屋

同行した助手も大喜び、大満足。

おすすめは、カルビ焼き。

タレにつけ込んだお肉がふわっと旨い。

そして、帰りの新幹線でも、もう一度食べた、

このお店のお弁当も最高でした。









2010/10/12 (火) 16:02 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
雑誌「Pen」にタヒチ掲載

7月にタヒチで撮ってきた写真がPenに載っています。

モーレア島の新しいリゾート「レジェンズ リゾートモーレア」や

ヘイバ祭りなど4ページに渡って掲載。

カメラはソニーNEX-5を使用。

この号は、写真の楽しみ方が満載。

写真好きにはおすすめの1冊です。


Pen 10月号
阪急コミュニケーションズ
定価600円




▲フォーシーズンズリゾートボラボラの水上バンガロー
海の色がキレイでしょ。








2010/09/22 (水) 10:56 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
 映画の舞台は、僕も撮った五島列島でした

長崎 五島列島 福江島 大瀬崎灯台
天使の階段がいくつも出ました
(2010年2月13日撮影)

撮影データ
カメラ:ソニーα550
レンズ:16-35mm F2.8 ZA SSM
シャッタースピード:1/250
絞り:F9
ISO感度:200
ホワイトバランス:7000K M4
焦点距離:17mm


映画『悪人』の舞台になっている灯台、

ついこの間行ったところでした。

映画を観ながら「僕ならあの灯台で撮るな」と思っていたら、

本当にその灯台が登場したのでビックリ!

僕にとっては「楽園への入口」とか

「極楽浄土へ」というイメージでしたが

この映画にもピッタリな場所です。


妻夫木聡、深津絵里、そして久石譲、

みんないい仕事してるなぁ。

ひとつの作品に打ち込む情熱っていいなぁ。

グイグイ物語に引き込まれました。

本当の悪人とは・・・




久石さんとは実は昔、僕の作品のために曲をつくってもらったことがあるんです。

また御一緒したいです。

RAKUENというCDです。チェックしてみてください。







2010/09/13 (月) 11:06 | 雑談 | - | posted by RAKUEN staffs
<< | 2/3PAGES | >>